【日記】あっという間の3月。今年度も終わりです。

久しぶりの投稿になりました。

 

 

3月は年度末ということもありバタバタしていました。

 

日本では、学校教育はもちろんですが、3月末が仕事の切れ目となる会社が多いのではないでしょうか。

 

学校現場では成績をつけたり、卒業式、入学式といった大きな行事の準備をしたりとやることが盛り沢山です。

 

子どもに関することに限らず、事務的な作業もとても多いです。

 

 

そんなことやらで、3月はあっという間に過ぎ去り、昨日は修了式でした。

 

今年度も修了です。

 

子どもたちは一旦春休みになりますが、教員は片付けや引き継ぎ関係、次年度の準備です。

 

 

カレンダーを見てわかるように、この春は特に忙しくなりそうです。

 

4月1日が金曜日。

 

2日、3日が休み。

 

4日月曜日が前日準備。

 

そして、5日が始業式、入学式と続きます。

 

私学は別かもしれませんが、多くの小学校では同じような日程ではないでしょうか。

 

 

1日は辞令式や各種会議で終わります。

 

4日は各種会議と入学式準備で終わります。

 

ということで、子どものことや学級のことをやる時間がほぼなさそうです。

 

 

私は特別支援教室の担当なので、少し忙しさのピークが通常級とズレますが、

 

新卒で学級担任をする先生はハードな4月になるのではと思います。

 

他の仕事と違い、教職は研修期間はなく、即戦力としてクラスをまとめていかなければいけません。

 

子どもが社員だとしたら、いきなり係長や部長になったような感じだと思います。

なんの説明なく、「一人で営業してこい」、「一人で部下をまとめなさい」ということです。

 

4月が一番大切なのですが、限られた時間しかありません。それが現実です。

 

とは言いつつ、

一旦、小休憩です。

 

週末くらいは来年度のことは忘れます。

 

少しずつ、最近の出来事などを文にまとめていきます。

 

ではでは。

 

 

1183c.hatenablog.com

1183c.hatenablog.com